アステラス、米OSIファーマシューティカルズにTOB 同社は拒否


アステラス製薬がアメリカの製薬会社OSIファーマシューティカルズに公開買付を表明していますが、これは敵対的なTOBであり、同社は買収価格が安すぎるとして、拒否の姿勢を示しています。

米国医薬品会社OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買付けの開始ならびに同社に対する訴訟提起に関するお知らせ

上記にある訴訟というのは買収防衛策を発動しないように、英米法の仮処分のようなものを行ったというものです。

OSI Pharmaceuticals社が当社による株式公開買付けを拒否したことに対する当社のコメントについて

企業買収に際して日本とはやや異なり、アメリカでは買収されそうになる会社の役員は株主に対しての忠実義務が問題となります。

その点から行くと安すぎるという主張は、より高い買収価格を引き出すための取締役の義務に則った行動ということなのですが、本件ではアステラスは代わりの取締役の候補まで発表しており、全面戦争の色彩が出てきています。

株価の推移も考慮に入れるとなかなか難しくなりつつありますが、どうなるでしょうか。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)