アップルインターナショナル、取締役会長に辞任勧告と訴訟提起準備の取締役会決議をするも、その後撤回


東証マザーズ上場のアップルインターナショナルで、取締役会において創業者である取締役会長に対して辞任勧告と訴訟提起の準備をするという取締役会決議をした後に、監査役会が会長を調査するので一旦、上記決議を撤回するという珍しい動きが起きています。

当社取締役会長に対する辞任勧告決議のお知らせ

当社取締役に対する訴訟に関するお知らせ

平成22 年2月19 日付「当社取締役に対する訴訟に関するお知らせ」及び「当社取締役会長に対する辞任勧告決議のお知らせ」と題する当社リリースに関するお知らせ

このほか、代表取締役も交代するなど同社は混乱状態にある模様です。

ワンマン創業者との確執という比較的よくある事象のように伺われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “アップルインターナショナル、取締役会長に辞任勧告と訴訟提起準備の取締役会決議をするも、その後撤回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)