不気味な選挙運動


民主党の参議院選挙対策は着々と進んでいるのかよくわからない事態が、ごく身近で起こっています。

私の住んでいる都市の市長を民主党が公認候補として参議院議員選挙の候補者にしようと調整中らしく、後継の市長候補が活動を始めているのですが、肝心の候補者調整がうまくいかず、市長選挙が表向きないことになっているのに選挙運動だけ進んでいるという不気味な状況になっているのです。そのため、候補者の講演会が開かれるのですが、市長選挙があることが決まっているわけではないので、市の未来を考える集会みたいな変な名前がつけられています。

ところが、市長は民主党の対応が色よくないので市長に居座る様子を見せており、もはや混乱気味です。

それをさておいても問題なのは、何であの市長に目をつけたのかということです。

自分で売り込んだのならわからんでもないですが、民主党から接触したのなら、見る目がないにもほどがある感じです。

表層的なこれまでの経緯から福祉に理解があると思っているのだとしたら大きな間違いです。

近隣市町村の首長にしたほうがまだいいと思いますね。理由は色々調べるとすぐわかるはずです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)