アンダーソン・毛利、友常木村と合併へ


五大弁護士事務所による規模巨大化や外国事務所による国内法律事務所の吸収など、再編の動きが急な日本の弁護士事務所ですが、国内事務所同士の合併による再編がもう一件誕生することになりました。
アンダーソン・毛利法律事務所と友常木村法律事務所の合併で、アンダーソン・毛利・友常法律事務所が誕生することになりました。記事はこちら

これによって新事務所は、160人ほどの規模になるようです。今のところ、国内順位に変化はなく国内4位のままのようです。人数の増員も予定しているようで、それが達成されれば、3位の西村ときわを抜くことになるようです。

ビジネス関連の案件の規模巨大化や外国事務所の進出の中で規模の拡大が進むのは当然ですが、世界的なレベルで考えるとまだまだ小規模です。

最近では、三菱東京とUFJの統合では、それぞれ森・浜田松本、西村ときわが、産業再生機構とカネボウの関係では、それぞれ西村ときわ、長島・大野・常松がついたようで、大規模案件には必ず、大手事務所がつくのが当然になっています。

日本は弁護士の数自体があまり多くなく、その上、ビジネス関連法務を担当できるのはさらに少ないといわれています。
M&Aなどでは弁護士だけが仕事をするわけではありませんが、弁護士がいなくては困るのは確かです。
最近の産業界の再編のスピードからいって、司法制度改革による法曹の育成が進まないと、今後は法的インフラの未整備が産業界の足を引っ張ることになりかねないですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)