優秀な人だから


今日は疲労困憊でどうにもなりませんので法律記事はお休みです。

どうでもいいことですが、高校の後輩が、リアルドジッ娘っていうのは萌えない、むしろ職場が炎上するという趣旨のことをいっていて、なるほどと考えさせられました。

と同時に、彼のところに来た新人は女性なのだなと思ったりしたのですが。

まあ、そういう気持ちもわかるのですが、やたらと嘆かなくてもいいのではと思います。

ただ言いたいのは、いずれ成長するとかいう育成ゲームみたいな話ではないのです。

私は結構目にするのですが、優秀な人は他人も自分と同じくできるはずであるということを前提にしているきらいがあります。

自分がそこまでの到達をするのには、地道なプロセスがあって出来上がったわけですので、他人もできるはずだ、規範的に、できないとおかしいというという思いを持つのは至極自然なことではあるのですが、他人というのは早々簡単ではありません。

私は学校でも会社でも優秀な人が本音を吐露するような場面に出くわすことが多いので、そういうことがよくあるのですが、他人が自分と同じにできると思わないほうがいいです。

逆に他の人から見れば当たり前のことの何かが自分はできないものなのだと思っておくくらいがちょうどよいです。

そんなことを言っていてわが身はどうだったかというとあまり自身がありません。

職制での違いがある部下を持ったことがないので、実体験はないのですが、多分、未熟な部下でも嘆かない人間であることができると思いたいです。

もっとも、私は、仕事の要求がきつく、何人もの部下をうつ病で秒意送りにして有名な部長を「いい人だ」と評価した唯一の人間らしいので、その立場にたったら豹変するかもしれませんな。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)