いつか聞いた話


東大ロースクールが文部科学省からまた指摘を受けました。

平成21年度 法科大学院設置計画履行状況等調査 留意事項

法律基本科目の授業について,1クラス50名が標準とされていることを踏まえると,全体的に未だクラス規模の適正化が図られているとは言えず,引き続き適切な対応をとること。

確かこれは以前に受けた指摘と一緒のような気がします。

法科大学院設置計画履行状況調査の結果等について(平成18年度)[別紙3]-文部科学省

法律基本科目の授業について、現在1クラス約70名の4クラス規模で行われているが、50名が標準とされていることを踏まえ、現状のクラス規模における教育効果を検証し、引き続き、適切な対応をとること。

この18年度の指摘のあと、300人で5クラスにしたので現在は一クラス60人です。

これでもだめだということでまた上記の指摘にいたったようです。

まあ確かに50人には達していませんのでそのとおりですが。10人の違いってそんな大きいですかね。70人と50人は確かに看過できない違いだと思いますが、10人くらいは…と思ってしまいます。

古江教授(現同志社大教授)が、大量殺戮をするので、再履修者が増えすぎて、1クラス60人どころではすまなくなったので、一クラス増やすなど努力はしているのですがね。

この増やした1クラス分を、大量殺戮をした張本人であり「来年は山室判事がやるから私はやらなくていいんだー」とか仰っていた古江検事に担当させるという粋な計らいをしたのは、誰なのでしょうか。

刑事系一家のドンでしょうか。

 

さて、せっかくのご指摘ですが、東大ロースクールは大幅に定員を減らしたので、クラス数を変えなければ50人を達成できますがどうでしょう。

教育負担が重くて研究ができなくなっているのが明白になりつつある手前、一クラス減らしたいところなのではないでしょうか。

某教授も、1クラスなら教えられるが2クラスは無理だとか仰って、他の教授が、1クラスも2クラスも変わらないと思いますがねとか揶揄したりと、空中戦をしている昨今ですので、きついのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)