指図は受けない


以前にもこのブログでちょっと書きましたが、県立図書館所蔵の本を地元の自治体の図書館に取り寄せを依頼したのですが、こともあろうに県立図書館からではなく、別の自治体の図書館に所蔵されているのを探し出して調達してきました。

なるべく自治体間でやりくりをして済ませられるなら、それで済ませるという県立図書館の補充性のような運用をしているみたいです。

もしかしたら、本のプロとして、「ここにあるから取り寄せてくれ」みたいな使い走りみたいなことをするのは我慢ならないのかもしれません。おかげで依頼してから本が来るまでえらく時間がかかったのですが、まあ手にすることができたのでそれだけでもよしとしましょう。

東大にも法学部図書館にあったのですが、法学部図書館のは借りられないので、直に借りれるものを探したのです。

東大の図書館は、東大が学部の寄り合い所帯であることを反映して、みんなルールがばらばらです。法学部のは特にルールが厳しく、外に持ち出すことができません。借りることができる総合図書館に法律書をもっと所蔵してくれるといいのですが、なかなかそういかないようです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)