印象論


以前、中里教授や東大ロースクールに来られている弁護士の先生方が別々の機会に会社法について同じようなことを言われていました。

行政法みたいだと。

確かに会社法は、何でも書いてしまえということで、起草されているために、何だか行政法のような感じになってしまっています。

それでも一部の解釈は商法のときからのに依拠せねばならず、行政法のような意味で文言をそのまま受け取ってはいけない箇所があります。

また、議論にゆだねるという理由で、あえて書かなかったところもかなりあり、カオスのようなところがあります。

そのため覚えるしかないところが出ているのが残念なところです。

もっとも学生さんの受けはそれほど悪くなく、新司法試験で行政法が必修になったことで、行政法マインドが強まっているせいか、すんなりと入っていけるみたいです。

解釈論ばかりで立法論をしない法律学は違うと思いますが、さすがに条文があるのをそのままというのもあんまりな感じがしますね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)