砂川市が市有地を神社に無償使用させているのを政教分離違反とした最高裁判決の検討


最高裁が政教分離違反で違憲と判断した二件目の判決である砂川市事件を取り上げます。

砂川市が市有地を神社の敷地として無償で使用させているとされたのは、砂川市の空知太神社です。

以下のように国道12号線に面している神社です。

大きな地図で見る

 

しかし、この神社は、地域の集会室の一角に祠があり、国道に面した神社部分の正面に鳥居があるというつくりになっています。詳しくは以下のグーグルストリートビューをご覧ください。

 
大きな地図で見る

 

最高裁判所大法廷平成22年01月20日判決 平成19(行ツ)260 財産管理を怠る事実の違法確認請求事件

本件は住民訴訟で、地方自治法242条の2第1項第3号から地方公共団体が財産管理を怠る事実について違法確認を求めるものです。その中で争点として政教分離という憲法上の論点が問題となったというものです。

上記のように実際の神社をみてみると何だかこれまで政教分離が問題となった事件と様相が異なる感じがしますが、これはこの神社が市有地の上に存在することになった経緯と関係があります。

この神社は要するに寄付によって、市有地になったものです。

地域住民が土地を提供して、地域住民を氏子とする神社が建設され、その後に固定資産税の負担をさけるために寄付をしたという経緯になっています。

その後、地域の集会所が建設されて、神社はご神体等のみ一部が集会所の中に移転して今日に至っているというものです。よって、砂川市は町内会の集会所に対して無償で使用させているわけです。

 

では、最高裁の論理を見てみましょう。

最高裁はまず本件で問題となる公費支出を禁じた憲法89条に即して政教分離の意義を以下のように述べています。

憲法89条も,公の財産の利用提供等における宗教とのかかわり合いが,我が国の社会的,文化的諸条件に照らし,信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えるものと認められる場合に,これを許さないとするものと解される。

「相当限度を超えるかかわり合いを許さないもの」とするフレーズは、津地鎮祭事件以来の政教分離に関する判示と同じです。

よって本判決も政教分離の意義については、愛媛県玉串料事件と同じく、規範自体は津地鎮祭の延長上にあることがわかります。

しかし、津地鎮祭と愛媛県玉串料事件では、この後に、それぞれの事件で問題となった行為が宗教的活動を禁じた憲法20条3項に反するかを検討するに当たって、いわゆる目的効果基準をとっていますが、本件ではその基準をとっていません。

本判決では以下のように基準を示しています。

信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えて憲法89条に違反するか否かを判断するに当たっては,当該宗教的施設の性格,当該土地が無償で当該施設の敷地としての用に供されるに至った経緯,当該無償提供の態様,これらに対する一般人の評価等,諸般の事情を考
慮し,社会通念に照らして総合的に判断すべきものと解するのが相当である。

よって、目的効果基準ではなく、社会通念に照らして総合判断をして、相当とされる程度を超える係わり合いをしているかを判断するべきとしました。

これはどういうことなのか疑問が沸きますが、この点については本件神社の事案が関係していることが藤田裁判官の補足意見から伺われます。

本件神社は地域の神道の宗教行事が行われる場所であるために、町内会を介してとはいえ無償で使用させることは純粋に宗教的意義を有する行為で、宗教性と世俗性の両方を有しており両者を比較して宗教的意義の大きさを判断する基準として用いてきた目的効果基準が適合する場面ではないということです。

したがって、社会通念が基準となるわけですが、上記のような本件の経緯やそれほど頻繁に宗教行事をしているわけでもなく、規模mのそれほど大きくないという事実に照らしても、

本件氏子集団においてこれを利用して宗教的活動を行うことを容易にさせているものといわざるを得ず,一般人の目から見て,市が特定の宗教に対して特別の便益を提供し,これを援助していると評価されてもや
むを得ないものである。

として、

社会通念に照らして総合的に判断すると,本件利用提供行為は,市と本件神社ないし神道とのかかわり合いが,我が国の社会的,文化的諸条件に照らし,信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えるものとして,憲法89条の禁止する公の財産の利用提供に当たり,ひいては憲法20条1項後段の禁止する宗教団体に対する特権の付与にも該当すると解するのが相当である。

としました。

歴史的意義を有する神社とか言うわけではないために宗教的意義しかないとしているため、

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)