比較的すいている


どうでもいいことですが、今朝出かけるときに乗った東上線の車両は10005Fでした。

帰りに池袋駅でボーっとしていたら同じ外観の車両が来たので、同じかと一瞬思ったのですが、10006Fでした。

東上線は一日の運用が固定的なので、行きと帰りで同じものに当たることがないことはないのです。

さて、聞いたところによると、東急田園都市線や小田急線などラッシュが大変な路線も多いようで、大変な混雑の中でかなりの距離をたったままで通勤通学せねばならないようなのですが、それらにくらべると東武東上線はかなりすいていると思います。

新規住宅開発が上記の路線の沿線ほど活発でないほか、沿線住民が団塊の世代で退職してしまったなどの理由があると思います。

かつて不景気の時代に、中央線で自殺が多くて困ったものですが、あれは沿線住民の年齢構成に理由があります。

リストラの直撃を受けた年齢層、所得層が多くすんでいたのが中央線沿線だったというわけです。

これと同じく宅地開発の時期や入居した所得層の特徴から、今日の東上線沿線の状況が生まれているのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)