でもしか


どこでもそうなのかはわかりませんが、うちのあたりでは新規開校の小学校・中学校には最初に配属する教員には優秀な人を配するとか言われています。

私はちょうど小学校入学の時期にあわせて新興住宅地が最初にできたときに引っ越したので、新しくできた小学校の最初の児童になったのですが、確かに最初はいい先生が多かったような気がします。

その後6年生になるまでに、最初の先生たちはだんだんと転任していき卒業するときにはほとんど総入替になっていました。だんだんと普通の学校になっていく過程だったのだなと今になるとわかる感じがします。

私と4歳離れている弟の時分になったらもうひどいことになっており、先生の質もひどいし、だんだんと荒れてきているしで大変なことになっていました。

以下は弟から聞いた私も卒業した学校の成れの果てです。

新任の先生が生徒とうまく接することができず、1年で辞めてしまい、自分探しにどこかに行ってまったそうです。その先生は地元の名家の出身で何であんな惰弱な人間が競争を勝ち抜いて教員採用試験に受かったのかが非常に疑問でしたが、今になったらよくわかりますね。

また、校長が職権濫用して、自分の昔の教え子の教師を無理やり自分の学校に引っ張ってきたというのがあったそうです。その教師は暴力問題を起こしてしまい、厄介者になっていたそうです(ちなみに女性教師です)。弟の学校に来ても案の定、流血の惨事が発生、あまりのことにみんなで呆然としてしまったそうです。そのことをとがめられて、事件のあったクラスの生徒たちにアンケートをとるものの記名式のアンケートにしたために、みんな批判的な意見を書けず、その教師は自分が悪いとする意見が少ないとして自分は悪くないと強弁していたそうです。

この教師のひどさは有名であるようで、私は電車の中でその教師についてもと教え子たちが噂話をしているのをききました。固有名詞が一致したので間違いありません。校長が引っ張っていったという逸話はその電車の中での噂話でも言及されていました。

4つ歳が違うばかりに弟は先生に恵まれていないことおびただしいです。一般的な公教育の質は弟がうけたようなものであるとすると、これはもはや有害のレベルですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)