クアルコム、公取委の排除措置命令に不服で審判開始決定


JAPAN LAW EXPRESS: クアルコム、非係争条項をめぐる排除措置命令に反論へ」の続報です。

クアルコムは排除措置命令を争うことにしたため、審判が開始されることになり、第1回審判の期日が決定されました。

公取委、クアルコムの審判開始決定 排除措置命令に不服(日本経済新聞2010年1月7日)

第3世代(3G)携帯電話に必須の通信技術特許を持つ米半導体大手、クアルコムが、日本メーカー18社と結んだ特許の使用許諾契約に不当な条件を付けていた問題で、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不公正な取引方法)で出した排除措置命令に不服を訴えたクアルコムに対し、審判を開始すると発表した。第1回審判は2月17日。(07日 21:01)

問題となっているのは特許の非係争条項でして、マイクロソフトの前例もあることから、なかなか難しいことが予想されます。

関連記事

JAPAN LAW EXPRESS: 公取委、クアルコムに排除措置命令

JAPAN LAW EXPRESS: クアルコム、非係争条項をめぐる排除措置命令に反論へ

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)