表現の違いに何か意味があるのか


何だか最近パソコンの冷却ファンの動作音が大きくなってきました。埃がたまってしまったのかもしれません。

 

さて、全然関係ない話題ですが、刑法の先生方は例を挙げて説明することをよくされると思いますが、東大でもそうです。

山口教授は、「私が~をしたら」というようにご自身を実行行為の主体にされます。

佐伯教授は、山口組なる集団について連呼されることがあります。

橋爪教授は、山口教授が微笑みかけたりして心強く思った自分が~をしたら、というような例の挙げ方をされていました。

何らかの関係が透けて見えるような見えないような微妙な感じがしますね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)