君付け


そろそろ普通のインフルエンザの時期なので、移動時にはマスクをしています。ここ何ヶ月かずっとマスクをし続けています。不健全なことになったものです。

 

さて、やはりそうかと思ったのですが、民主党には官僚出身者がたくさんいますが、どれも官僚OBを本来は名乗れないようなすぐにやめた人だらけです。課長代理まで行かないとOBは名乗れないとかかつては言われていました。

このようにすぐにやめていると、省庁の幹部たちのほうが年次が上になるので軽く見られるのではないかと思ったのですが、案の定、日経では当人がいない場所では政務三役ですら君付けで呼ばれていることが載っていました。そりゃあそうですよね。

問題なのは、年次で軽く見られているのではなく、仕事をあまりしないうちに出て行ったので、わかっていないと思われている点です。

言動だけ見ていると本当にわかっていないように見えることがあり、非常に不安です。

公開会社法についても関与している議員が、基本的なことをわかっていないような発言が見られることがあり、ドイツ会社法がどうとかという話になる前に大変なことになりかねないような感じがするのです。

ドイツ会社法はこうなのですとか標榜して、ぜんぜん違う日本の監査役に従業員代表を入れだすのではないかということを予想しているのですが、基本的なところでももめそうな気がしてきました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)