伏兵の独立役員にも注目


昨日、このブログのアクセスが急騰したことをお伝えしましたが、公開会社法だけではなく東証の独立役員の件でもアクセスが集まっていたことがわかりました。

東証の新しい上場ルールに関して日経で特集が始まっているためのようです。

このブログは多くの記事を日経の紙面で取り上げられたことを契機として書いていますが、この二件の反応の大きさは群を抜いています。

ビジネスパーソンに非常に注目を集めているということがよくわかりました。

さて独立役員の人選に悩む会社も多いでしょうが、現職の社外取締役ですむ会社もそれなりにあると思います。

著名な大学教授は独立役員に相当しそうですが、大学の経営委員をやってくれといわれて代表取締役が手伝ったので、任務終了後に今度は替わりに会社のほうに来てもらうのってどうなのでしょう。

依頼をうけた役職はもう終わっているので問題ないと思いますがどうでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)