公取委、「着うた」参入妨害の疑いでレコード大手に立入調査


低迷する音楽市場の中で例外的に伸びている携帯電話の着信音に楽曲の一部を使用する「着うた」ですが、その新規参入を妨害したとして公取委がレコード大手に立入調査をしました。記事はこちら

大手のレコード会社は軒並み立ち入りを受けた模様です。

レコード会社傘下のレーベルモバイルにだけ楽曲使用の許諾を独占的に与え、新規参入を妨害との疑いがあるとのことです。

グループ会社をかわいがるのと独禁法違反は必ず対立関係に立つので、正当化する理由がないと独禁法違反になってしまいかねません。

今回のケースにどういう背景事情があるのかはよくわかりませんが、あまりにひどいようだと勧告を出したりするでしょうし、レコード会社側が反省の姿勢を示せば、これで終わりになるでしょうね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)