最高裁、農業協同組合の代表理事が虚偽の報告をして勝手に事業を進めて組合に損害を与えた事件で、代表理事の説明を鵜呑みにして調査・確認をしなかった監事には、当該組合では代表理事が一任を取り付けて処理判断する慣行があるとしても、任務懈怠があると判断


またもや長すぎるタイトルで申し訳ないです。

会社で言うなら監査役に相当する農業協同組合の監事の任務懈怠が問題となった事例について最高裁判決が出ました。

岡山県の旧大原町にあった大原町農協において、当時の代表理事が勝手に堆肥センターの建設を進めてしまい、結局契約を解除することになり組合に損害を与えたという事件があり、組合の監事に対して任務懈怠があったとして損害賠償請求がされました。

事件発生当時の農業協同組合法は商法を準用していたので、今日では会社法の任務懈怠の判断にも通じるものがあるといえる事件です。

最高裁判所第二小法廷平成21年11月27日判決 平成19(受)1503 損害賠償等請求事件

この事例は、代表理事は、理事会において、補助金の申請先についてそれまで名前が出ていなかったところについていきなり言及したり、補助金が入らない限り着手しないといっているのに、補助金の見込みについて触れることなく用地取得を諮ったり、なし崩し的に事業を進めてしまったというなんともずさんな事件です。

これに対して疑問を持たずに、傍観してしたほかの理事や幹事たちはどう見ても任務懈怠がありそうなものですが、原審は任務懈怠はないとしていました。

これは驚くべき判断に思えますが、それはこの組合においては、驚くべきことに、以下のようなとんでもない慣行があったと認定されています。

代表理事が理事会の一任を取り付けて業務執行を決定し,他の理事らがかかる代表理事の業務執行に深く関与せず,また,監事も理事らの業務執行の監査を逐一行わないという慣行

いかにも田舎にありがちな声の大きいものが牛耳っている感じのする組織であることが伺われます。

第一審と原審はこのような慣行のあるもとでは、「発言の裏付資料を求めなければならないという義務を監事に課すことは,酷である」として、任務懈怠を否定しました。

しかし、同情はできても、法律で定められている義務の客観的水準をゆるがせるのは妥当とは思われません。

最高裁は以下のように述べて原審の判断を否定しています。

そのような慣行自体適正なものとはいえないから,これによって軽減されるものではない。したがって,原審判示のような慣行があったとしても,そのことをもって被上告人の職責を軽減する事由とすることは許されないというべきである。

当然の判断であると思われます。

よって任務懈怠があるとして、破棄自判をして損害賠償請求を認容しました。

この事件で大原町農協が被った損害は清算費用等で5689万4900円であり、幹事に対する損害賠償請求は一部請求であり1000万円を請求しているのですが、最高裁は上記5689万円余の損害について幹事の任務懈怠との相当因果関係を肯定しており、1000万円の請求を全部認容しています。

損害全額について任務懈怠との間に相当因果関係があるとはまでは明言していないので、少なくとも1000万円の請求を全部認容する分はあるということしか述べていないのだと思いますが、実際のところ監視をする役割を担っている者の任務懈怠は、損害のどこまで因果関係があるのでしょうか。この点は難しい問題ではないかと思われます。

かなり極端な事実が影響している事件ではありますが、任務懈怠については取締役についての判例裁判例はたくさんありますが、監査役についてのものはそれほど蓄積がないように思われます。その点では意義深い判断であるように思われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)