自作を語るとどうなるのか


東大生協本郷書籍部で弘文堂のフェアをやっているので、最近ご無沙汰している神田教授の会社法を買うかどうか考えています。

ご無沙汰といっても、2版ほど買っていないだけなのですが。

コンパクトだからか、予備校が会社法関係で教科書に言及するときには神田会社法が標準になっていますし、弁護士先生も神田教授のくらいの厚さでないと読む気がしないと仰っていますので、みんなに愛されるスタンダードになっています。

しかし、肝心なことはあっさり済ませて、どこにも書いていないことを結構書いてある傾向があるので、初学者に役立つがどうか実は微妙な本でもあると思います。

一方で分厚い会社法の概説書の代表格は江頭教授の株式会社法でしょうが、こちらも分厚い割りにいやにあっさりしているところがあり、なかなか扱いが難しいです。加えて神田教授にかかると内容に整合していないところがあるそうです。どこだか私は気づけていないのですが、まあ神田教授が仰るのですから多分そうなのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)