信託法改正、受託者が信託財産に権利関係を有することを解禁へ


信託を巡る法整備も最近脚光を浴びていますが、今度は信託法の改正の方向が明らかになりました。記事はこちら

主要な点は二点で、
・受益権の有価証券化に関する規定の整備
・受託者が信託財産に対して権利を取得することの解禁
です。

一点目は現在も行われている実務に関して規定を整備するもので、それほど目新しいとは思いませんが、規定を欠いているよりはよいと思われます。

二点目は、現行の信託法22条を変更するものです。
現行の22条では、利益相反から信託財産を守るために、受託者が信託財産の権利を取得することを厳しく禁止しています。もっともやむをえない場合には例外的扱いがあるのですが、とにかく禁止が原則です。

しかし、実際の信託では、受託者の信託銀行自ら信託財産たる不動産に入居してもらい賃料を最低限確保したいというような需要があるようです。
受託者は信託銀行などなので、利益相反行為についての懸念は薄れたとありますが(本紙面の記事にあるくだりです)、本当にそうですかね。
委託者の承認を要件にするようですが、利益相反のような問題を当事者自治にゆだねてしまおうということでしょうか。
なんとなくすっきりしない感じがします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)