歴史に学ばないといけないのは誰か


昨日、マスク必須だとか言っておきながら、今朝出かけるときにはすっかり忘れていました。

一日、マスクなしで過ごしましたが大丈夫だったようです。

 

さて、あまり言われていないことですが、日航が破綻寸前になっているのは明らかに国がよくわからない関与を続けてきたためで、これは国鉄の二の舞ですよね。

結局、日本は何も学んでいないということでしょう。

国が関与するとなんでもつぶしてしまう結果になります。これは余計な力学が働くので、非効率なことをしてしまうからでしょう。

今郵便が、再び国営にもどったようなものですが、これもまた同じことになり、国民の財産とかいいながら、結果的に国民につけを回すことがおきかねないですね。

財投と同じように、また政府の金蔵として使うことがおきそうですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)