アメリカ司法省、独禁法違反で日立・東芝・ソニーを調査


日立、東芝、ソニーの三社がアメリカの司法省から独禁法違反の可能性で調査に協力するように求められていることが明らかになりました。

米司法省、日立・東芝・ソニー調査 独禁法違反の疑い(日本経済新聞2009年10月27日)

日立製作所、東芝、ソニーの3社が、米国での光ディスク駆動装置事業で独占禁止法に違反している可能性があるとして、同国司法省から調査に協力するよう求められていることが26日、分かった。3社の同分野での世界シェアは合計6割を上回るもよう。3社はそれぞれ「調査に全面協力する」と説明している。

(略)

分かっているのは対象が光ディスク駆動装置事業であるということだけで、どのような独禁法違反であるのかは明らかになっていません。もっとも三社でシェアが6割もあったら、色々な独禁法違反がありえます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)