ずたずたなのは思考回路のほう


法学者というのは、左ががっている人が多いですが、東大法学部教授は御用学者であるゆえんか保守的な方が多いです。

そのせいか民主党との関係を持っている先生はあまりいないようなのですが、むしろそれはいいことかもしれません。そのせいか民主党の繰り出してくる法律関係の政策は突拍子もないものが多く、本気か疑いたくなるものが多いです。

しかし民主党の検討会みたいのに参加している学者にいわせると彼らが述べてもいないものが盛り込まれる傾向があるそうなので、連合の意見を取り入れすぎというのが実態でブレーンの違いはそれほど影響していないのかもしれません。

さて、東大法学部教授の話にもどるのですが、さすがに東大法学部といえども、むしろ東大法学部だからこそ、一部には左ががった人がおられます。

あらゆる政府の方針に反対して講義で愚痴を言うだけでは足りない方で、NTT分割反対、規制緩和反対、会社法は最悪、民法の現代語化は実質改悪、と何でも反対で一貫しています。

なぜかというとすべてはアメリカの陰謀だとするからで、911テロはアメリカの自作自演説をとっていました。

さて、その方は、当然郵政民営化大反対で、これもアメリカの陰謀を唱えていました。

亀井先生が大喜びしそうですが、日本の津々浦々に張り巡らされた郵便局ネットワークがずたずたにされると嘆いておられました。

まあ、これまでの言説の延長上なので、そんなものかと思って聞いていたのですが、最近聞いたののですがご実家が全特らしいですね。

そうだとすると、東大法学部教授は名家の出の方が多いのですが、特定郵便局長が地方の名士が多いことを思い知ったしだいです。

でもそれって、これまでの発言にはそれなりに論理的に一貫はしていると思ってきたのに実は身近な利害関係があったということで何だか興ざめですな。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)