ようやく労働判例百選改訂


何だか寝込んでから何かがはじけてしまったのか、疲れやすくなってしまい、毎日困っています。

そのうち徐々に何とかなるでしょう。

さて、労働判例百選第8版がようやく出ました。

第7版からかなりたってしまっており、重要判例がずいぶんでていたので、完全に時代遅れになっていました。ようやく積もり積もった負債を清算した感じです。

有斐閣のケースブック労働法でも、判例のカバーがやや甘いので、最低限百選で補いたいところです。

しかし菅野先生は編者をやめられたのですね。

何だかさびしい感じがします。

労働法ではない某科目の話ですが、編集者に複数の先生の名前が載っているのに実質的に取り仕切っているのは一人だけで、押し付けられている教授がぶつぶついわれているようなこともあるのですが、菅野先生は人格者ですから、きちんとやられていたのでしょう。そして今回からは関与しないから名前を残すことはもはやできないということなのでしょう、と勝手に想像しています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)