東証、上場企業に株主総会の議決結果開示で、票数の公表まで要請へ


現在、大半の会社では株主総会の結果開示は、議案が承認されたか否かの結果を端的に述べるにとどめていますが、東証は具体的な数値まで開示するように上場企業に求めることが明らかになりました。来年6月の株主総会が集中する時期から実施することを求める模様です。

株主総会の議決「票数まで公表を」 東証、上場企業に要請へ(日本経済新聞2009年10月14日)

東京証券取引所は株主総会の議決結果について、議案の可決か否決かだけでなく、賛否の票数まで公表するよう上場会社に要請する方針だ。来年6月の株主総会から実施を求める考え。反対票の比率がどれだけ高いかなどを公表することで、より株主に対して透明性の高い経営を促す。

(略)

議決権行使結果の具体的な数値までの開示を求めていくことは、すでに公表されていたことで、具体的な実施時期が明らかになった点に新規性がある情報です。

上場制度整備の実行計画2009

すでに、議決権行使結果の数値まで公開している会社もありますが、極めて例外的です。この要請によってかなり多くの会社が開示に動くことになるので、大変影響の大きいことになると思われます。

もっとも、あくまで東証の要請に基づくものであり、法的な義務ではなく、公開した数値に何らかの法的な意味、効果が発生することにならないものでしたら、比較的、受け入れ可能なものになるのではないかと思われます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)