趣味は仕事になるか


またもや泊まり勤務だったので、遅れて更新します。

最近、特殊な機械の取り扱いや保守をしているので、接客マインドが早くも失われつつあります。
また、24時間拘束されているのですが、忙しい時間帯がかなり限られていますので、朝方などには飲まず食わずで働かねばならないのですが、暇なときはやることがないもないといった極端な状況におかれています。
なんとかして平準化したいと思うのですが、なかなか抜本的対策はないような状況です。
ただ、漫然とやるだけでは、色々とまずいのでそのうち工夫を考えたいと思います。

ふと思うと、法学部を出て、機械の保守をやることになるとは思いもよらなかったのですが、別に気にもしていない自分がいます。
だんだん鈍くなってきているので、そのせいかもしれませんが、これも経験と思っていずれ本当に好きな仕事ができると心のそこでは思っているのかもしれません。

ただ一つ心配なことがありまして、これまで好きでいたことが仕事になってしまうと心情的にはどうなるのでしょうね。(仕事を趣味にするのではなく、趣味が仕事になるかということです)
楽しいだろうと思っていたのですが、最近、好きだった気持ちが色褪せるのではないかと思うようになりました。
毎日の頑張りの先がそんなのでは、たまらないです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)