蜜月の終わり


オバマ大統領が自ら乗り出したのに、シカゴがオリンピック開催地になれず、しかも一番最初に落選してしまったということで、政治的ダメージを負ってしまったようです。

100日間の蜜月ももう終わっていますから、メディアも容赦しなくなったのでしょうが、イギリスの賭け会社のレートでは、シカゴの倍率が一番低かったので、かなり予想外の結果だったことも傷口を深くしているのでしょう。

日本の鳩山政権に関して世論との蜜月はいつまで続きますかね。

朝日新聞などはモラトリアムなどいかに発狂した政策をしようと、好意的に報道を続けるでしょうが、世論としてはどうなるでしょうか。

多分、本当に日本を変えるつもりなら、技術的細目のようなものである補正予算を精査している場合ではないはずで、数と質の両面からヒューマンリソースが乏しい民主党は資源の投入を誤っている気がします。

そのうち、佐々木元総長が、何かコメントをして喝破してくれるでしょうから、それを楽しみにします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)