実務家の理解


昨日は蚊との戦いについて書きましたが、その後も戦いは続いており、あの後今朝までに2匹撃墜しました。

どこかに撃墜マークでもつけますかね。

最近、ようやく基本がわかってきたのか、実務家の書いた法律書を読んで意味がよくわかるようになってきました。実務家の書いたものをいきなり読むと消化不良になると思いますが、ある程度進んでくると非常によく吸収できます。

実務家の理解の仕方を知るのはなかなか意義深いと思います。

これは決して、学者の理論的教育を否定するものではなく、東大ロースクールで標榜するように、両者は車の両輪なのだと思います。

しかし、今年の東大ロースクールの某科目は完全に学者が教えるスタイルに変わりました。

この変化について某ドンが実務方の教え方に色々と思うところがあったかららしいのですが、それは多分、その科目については東大ロースクールが招いた実務家があくが強すぎたからだと思います。

ちなみに学者だけで教えようとドンは決めたのに、自分では教えないで、某教授の教える時間が増えてしまっているのですから、気の毒な話です。

某教授は前任校にいたことろひたすら懐かしんでいます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)