そんなことを言っても


今晩のNHKニュースで、福知山線事故に関する国の最終調査報告書の調査委員会へJR西日本が接触していたことを取り上げた中で、背景事情というか事件の鍵のような扱いで、関与したJR西日本の幹部と事故調査委員会の委員が全員旧国鉄の出身であるという特徴があるというきり方をしていました。

そりゃあ、そうなるでしょう。

JR各社はまだ誕生してから20年余しかたっていませんから、経営幹部は社外取締役などを除けばほぼ全員国鉄出身のもともとは国鉄のキャリアだった人たちです。

また調査するほうも仕組みに詳しくないとできませんから、経験等を勘案すれば国鉄出身者になるでしょう。

欧米では調査するほうとされるほうが過去に関係があったというこのようなことはないらしいのでそれと比べて公正さが疑われるといいたいのでしょうが、それはそうかもしれませんが、こと日本に目を向けると人材確保の点からは無理だと思われます。

鉄道の技術に詳しい学者はいますが、実際の運用とかまで含めて俯瞰することのできる人は業界外にはいないのではないでしょうか。

諸外国ではいったいどうやっているのかよくわからないのですが、日本においてはとてもできそうもない気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)