こういう社会勉強もある


世間話をしていると身近で経験したストーカーの話という話題になることがよくあります。

そういうことから考えると、刑事事件のストーカーとはいかないまでも一方的に思い込んで行動しているケースは潜在的にはかなりあるようですね。

私自身は会社で目撃した2件しか知らないですが…。

まあ冷静に考えるとそれだけ知っていれば十分だという気もしますね。どちらも刑事事件にはなっていませんが、付きまとわれた女性社員のほうはかなり困惑していましたね。

これも、相手に対する甘えがあるのでしょう。適切な甘えが適切な時期に家庭が与えられていれば、あんなに大きくなってから他人に迷惑をかけることもないのだと思いますが、現代の複雑な状況下では難しい場合もあるのでしょう。

現場を抱えている会社なので本当に色々なバックボーンを持った人がいて、本当に人間社会の縮図です。

心理学の教科書で読むようなことを目にすることがよくあり、これに比べればストーカーを見たなんてきわめて特殊なものに過ぎませんでした。

たとえば、幼いころに両親が離婚したためか、父親くらいの男性社員と付き合っている若い女性社員がいました。本で読んだこととはこういうものなのかと納得したのを覚えています。

こういう経験を色々とつむと、人間色々あるということで、たいていのことには動じなくなります。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)