金銭感覚が狂う環境


お金を扱うようになったのでふと思ったのですが、毎日の売り上げを数え上げていくのと、資本市場で天文学的な桁数の電子化されたお金を扱うのではどちらが金銭感覚が狂いますかね。

以前は当然、後者のほうがまずいだろうと思っていたのですが、一万円札を少しずつ集めていって年収を上回る位の枚数を数え上げるのもそれなりに精神的にくるものがあるのではないかと思うようになりました。

もっとも毎日ほとんどお金を使わない生活をしていて別の意味で金銭感覚が狂っているのであまり影響しませんが。
淡々とこんなことを考えていること自体、お金を魅入られていないことのいい証拠だと思うことにします。

最近アクセス数が大変多くなっているようでありがとうございます。
これからもこつこつと更新していこうと思います。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)