住友信託銀行が株式持合解消の受け皿商品を開発


株式の持合がまた進みつつある昨今ですが、一方では解消の動きも出ています。

住友信託銀行が株式の持合解消に信託を活用した商品を開発しました。

持ち合い株、信託で解消 住友信託銀行が新型(日本経済新聞2009年8月26日)

(略)

住友信託の商品は保有株を同行が管理する信託勘定に譲渡するものの、信託期間中(1~5年を想定)は企業が議決権の行使を同行に指図できるようにして、議決権を事実上残す仕組み。同行の提携先であるドイツ証券が企業に株式の譲渡代金を支払い、信託期間の終了とともに同証券がこれらの株式を取得する。信託期間中に株式が市場で流通することはない。(07:00)

要するに一気に譲渡してしまうとハレーションが大きいので、経済的には譲渡するものの議決権行使はできるようにしておくことでショックを緩和をするというようなものです。

買い戻し権はついておらず、最終的には確定的にドイツ証券に移転するので、現在持合をしている企業がどう受け取るかは微妙ではないかと思ったのですが、30社強が検討しているということで反応は上々のようです。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)