英語を巡る神話


日本では、学校で習う英語では(特に会話に)役に立たないというのが定説になっており、英語ができるようになる方法と称して実に様々な書籍が出ています。

本当に英語に悩める人が多いからこその状況なのだと思いますが、この間の、NHKの「英語でしゃべらナイト」では、ある定説に反する経験談が述べられていたそうです。(私自身は見ていません)
それは、英会話には文法は大事というものだそうで、文法重視の英語教育は会話力に結びつかないと否定的である考え方が多い中では、衝撃的な意見と言えましょう。

個人的に仕事の場面で英語を使った経験では、文法が意味を理解する助けになるので重要なのではないかと感じています。
文法などで英語的な発想というか物言いみたいのがわかるので、それがそのまま生きているネイティブの英語のほうが理解しやすいです。

一番困るのが、アジア系の方々の英語で、わかりにくいなと思うことがよくあります。とはいっても母国語で話されても一切わかりませんので、英語であるだけましなのですが。
日本人の英語は、あまり聞く機会がないので一概には言えませんが、思考が同じである以上、同じ日本人にはわかりやすいのではと思います。

英語を使うにしても、やはり母国語での思考を英語に直してしまうだけなのでしょうか。
それとも英語的な思考の中に入っていこうとしているのでしょうか。
TOEFLなどの点数からは日本人は英語ができないことになっていますが、英語力強化といってもその目指す方向はよく考えないと、意味のあるものにはなりませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)