財務省、アメリカのバード修正条項に対する報復関税の継続を決定


WTO発足以来、国家間の通商紛争についてかなりの数の判断が下されています。WTOには強制する手段はないのですが、WTOのパネルが違反と判断すると相手方当事国が対抗措置をとることができるようになり、これによってWTO法上違法と評価された各国の措置はなくす方向に向かうという構造になっています。

WTOになってから顕著になったことにアメリカの国内法が違法であると判断されることが増えたことがあります。

その一つにバード通商条項という有名なものがあります。

国内で十分利益を得ることで海外には原価割れで輸出をして、その国の市場を手に入れてしまおうという行動がなされることが考えられますが、これをされると結果として公正な通商ではないのでアンチダンピングという措置をWTO法ではとることができます。具体的には暫定措置、ダンピング防止税、価格約束の措置のみできます。

ところがアメリカはこのアンチダンピングを、国内産業保護のために使うということをこれまでしてきました。

いろいろなことをしてきたのですが、本件で問題となっているバード修正条項というのは、ダンピング防止税で得た租税収入をダンピングを申告した国内事業者に分配するというものです。

これは、事業者間の損害賠償を国が代わってやってやるようなものですので、認められた措置に含まれないとしてWTOのパネルで違法であるということで決着しています。

しかしアメリカ議会が強行でいつになっても法律を改正しないのでそのままになっており、WTO法違反状態が続いていました。

そこでEUと日本は対抗措置をとっており、それが報復関税です。

ようやく2006年にバード修正条項は廃止されたのですが、その後もなぜかアメリカは分配を続けており、対抗措置も継続しています。

このたび、再度の延長を日本の財務省が決定したとのことでリリースがなされました。

米国バード修正条項に対する報復関税措置の延長を決定しました

国際通商は法律家にとってもあまりなじみがない分野ですが、各国の思惑から理屈の通らない理不尽なことが交錯しています。自由貿易協定が流行ってきてWTO体制による自由貿易の拡大が色あせつつある今日ですが、WTO体制もそれなりに機能していることを垣間見ることができます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)