荒木労働法発売


待望の荒木先生の労働法の概説書は、12日にすでに発売されていたのですが、私は今日入手しました。

まだよく読んではいないのですが、結構検索で来場される方がいるので、発売延期のエントリーを目にされるのは申し訳ないと思い、発売されたという情報を掲載しておきます。

水町先生もいろいろな意味で楽しみにしていた待望の書なので、今頃よく読まれているのではないでしょうか。

ちなみに東大法学部では教授は本を出すと教授間でお互いに贈り合う習慣があるそうです。

私の師匠は専門外の分野の本をもらったら私にくれました。高い本が多かったので買わずに済んで助かったものです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)