思考実験


キリンとサントリーの件は、実現した場合の効果に喜ぶよりも先に色々な法的問題がありそうであることはすでに方々で指摘されています。

まさにとんでもない独禁法案件になりそうです。

独禁法の問題はその通りだと思うので、会社法で何かあるか考えてみましょう。

持株会社を統合すると報道されているだけですが、どういう形をとるのでしょうか。共同株式移転にするのかと単純には考えますが、サントリーは同族会社であるのに対してキリンは上場会社ですから、あまり見たことがない事態でやや問題になりそうです。

当然、統合後にも上場を維持すると思いますが、サントリーは創業者の資産管理会社がほぼすべてを保有している会社ですから、どのような比率になるかにもよりますが程度の差はあれ、新会社は流動性が低くなってしまうことになるでしょう。キリン側の株主が少数株主になってしまうようなことになり、問題になる可能性もあるような気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)