ピンチをチャンスに


さて、今年の新司法試験では東大からも結構な数の受け控え(出願して無事修了して受験資格を得たものの試験当日欠席した人と捉えます)が出ました。

周知のように倍率が厳しいことなどから勉強が進んでいない人が忌避をして来年に捲土重来を期している動きがすでに一般的になっています。

これが東大にもついに波及したのかと思ったのですが、会社の偉大なる先輩からまたもや驚きべき指摘を頂き、ちょっと調査してみました。

先輩は単に試験を忌避したのではなく、法曹になるのをやめて就職したのではないかと指摘され、東大ロースクールは一般的なロースクール卒よりも就職には有利とされていることからそれもありうる話でした。

よく考えると気づかなかったのが恥ずかしいくらいなのですが、それを受けて調べてみたら確かに一般的な就職をされた方や公務員に転進された方が続々見つかりました。さすが先輩、予想があっていました。

もっともロースクールでよく話していた方も試験を早くから諦めており、就職活動であちこちをまわっていたので、それを知りつつ気づかなかった私もうかつでした。彼は敦賀で元気にやっているかな。

さて、会社の偉大な先輩にはいつも感心させられていることばかりなのですが、残念ながらセブンイレブンは先輩の予想とは逆の方向に向かうようです。ピンチをチャンスに変えるあの大胆さはたいしたものです。マスコミが戦うフランチャイズオーナーを取り上げて彼らが勝利を収めたかのようでしたが、世の中は単純には行きませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)