今日も終電


この日も終電で帰宅したので、遅れて更新です。

最近、人に会う機会が多いです。あちこち行っているせいか落ち着いていない感じです。腰をすえて勉強したいことも多いのですが、あんまりない時間を細切れにしてやっています。

さて、日経夕刊のコラムの明日への話題に東大法学部の北岡教授が登板されています。

この前は、毎年、講義の最終回が近くなると、テストで高得点をとる方法の話をするという話題で、山をはれ、ただし10や20などたくさんはればあたるという人を食った話でした。

ただ、私もその昔、北岡先生の日本政治外交史を受講しましたけど、とんとそんな話を聞いていません。

まあ私は2000年に法学部に進学したので、9年前の話ですからね。それ以降にするようになったのかもしれません。

北岡先生の弟子筋に聞いたところによると、北岡先生の成績評価はかなり厳しめだそうで、いい評価を受ける方法があるならぜひ聞きたいところなのかもしれません。

一般的に東大法学部では、法律系よりも政治系のほうが成績評価は厳しいといわれていますので、多分事実なのでしょう。

私が卒業するときに法学部を代表して総長から直々に学位記を受け取ったのは、現在准教授のあの方ではなく、第3類の政治系の方でした。准教授の卒業時の成績から推し量ると、その方は全優だと思うのですが、政治系でその成績とは非常にすごいことですね。今何をしているのかな。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)