入社後の競争


最近、色々な物事に対して、なってないんで自己嫌悪しています。

無理にでも色々な機会を設けて研鑽していかないと、もともとだめなのがもっとだめになりそうでやばいです。

さて、寧ろ鶏口となるも牛後となるなかれといいますが、就職するとき入った後の競争のことをどこまで考えるものでしょうか。

この間の飲み会で、内定が出ても安心してそれで終わりとせず、優秀なライバルたちの動向を気にかけていた方がいまして、狭い世界ですからさすがの深謀遠慮だと感心しました。やはり優秀な人は抜かりがないですね。

私は弁護士のような狭い世界で就職活動をしたわけではないのですが、やはり入ってからの競争がきついかは考えました。結果としてかなりぬるくなってしまったのですが、別の選択肢をとっていたら今大変な業績悪化に悩んでいたでしょうから、多分間違っていなかったのだろうと思います。

この大変な就職氷河期ですので入れるだけで安心ということになると思いますが、当然のことですが入ってからも大変です。少しでも先のことを考えて行動する姿勢は大事なのだろうと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)