オープンマインドでいること


なぜか今日から二日間お休みです。
会社のイベントでお出かけなので、これからいってきます。

実際に配属されてみてのまず感じたことは、職場の人間関係がとても狭くなることです。
同じところに同期の人と二人で配属されたのですが、担当する仕事が違うため、その方とは、ほとんど顔をあわせることがありません。

会社内人間になってしまうのではなく、さらにそれより一つ小さい職場内人間になってしまいそうです。

職場ごとに100人超いますので人は多いのですが、隣接部署がなにをやっているのかすらよくわかりません。
交流を持つにしても時間があまりないですし、どうしたものでしょうか。

日本で転職市場があまり大きくないのは、会社内人間になってしまっていて、他の会社で通用するような感じでないために転職が難しいからであるという指摘がありますが、そういうのがわかる気がします。

ただ、短い期間で職場を変わるのが日本企業の人事の特徴でもあったので、それでも他の会社で通用しないというのは若干不思議でもあります。
職場を越えて会社全体を覆う社風というものがあり、それに染まってしまうと他の水にはなじめなくなってしまうということなのでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)