後悔先に立たず


今日は一日慌しく過ごしていました。しゃべりすぎて、喉がかれ気味です。

今日きいた話で興味深かったのは、東大法学部を定年前に退官されて、私大に移られたあの有名教授がすでに後悔されているとか。

ご本人は考えもしなかったのかもしれませんが、あの過重負担の講義についていくのは相当困難ですので、新司法試験も気になる方たちには受け入れがたいのではないかと思っていました。

東大ロー生は試験と直接は関係しない大学の勉強に対しても大変熱心に勉強していますので、張り合いがあったのは否定できないでしょう。その反動で東大生は試験対策でかなり苦労しています。どちらがいいのかなんて分かりませんよね。

小耳に挟んだ別の先生の発言で「私って結構教えることに向いているんしゃないかと思うんだー」とか仰っていた方もいたのですが、これもちょっとご自身を客観的に評価できているか危ない感じを受けました。この方も別の大学に移られましたが、熱心に勉強する東大生相手だから大丈夫だったのではないかという私の考えは杞憂に過ぎないことを願っています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)