最高裁、生命保険で指定受取人とその相続人が同時死亡した場合には、当該相続人またはその相続人の相続人は保険金を受け取る相続人には当たらないと判断


訳のわからないタイトルでかつ、最高裁判示を敷衍して記載したつもりの上記のタイトルが判旨と一致しているのか確信がもていないのですが、一応書いておきます。

生命保険の受取人(指定受取人といいます)は、その性質上、第三者ということになりますが、指定受取人が死亡したりした場合には保険契約者が新しく指定することが出来ます。しかし、それにしなかったときに保険契約者の死亡が生じると受取人がいないことになってしまいます。そこで商法の保険の規定(保険法に改正されました)では民法の相続の規定に従って受取人を定めるとしています。

商法

第676条〔保険金受取人の死亡〕

保険金額ヲ受取ルヘキ者カ被保険者ニ非サル第三者ナル場合ニ於テ其者カ死亡シタルトキハ保険契約者ハ更ニ保険金額ヲ受取ルヘキ者ヲ指定スルコトヲ得

②保険契約者カ前項ニ定メタル権利ヲ行ハスシテ死亡シタルトキハ保険金額ヲ受取ルヘキ者ノ相続人ヲ以テ保険金額ヲ受取ルヘキ者トス

保険法

第46条(保険金受取人の死亡)

保険金受取人が保険事故の発生前に死亡したときは、その相続人の全員が保険金受取人となる。

保険金を受け取るのは受取人の権利であることから考えるとこれは至極当然のことに思えます。

しかし、保険の受取人は近親者にしておくことが多いですから、受取人の死亡によって相続するのは保険契約者本人であったりすることが多くなります。

肝心の保険金は保険契約者の死亡によって生じるため、指定受取人→保険契約者の順で死亡した場合で保険契約者が受取人の相続人でもあるような場合には、自分の死亡による保険金を受け取る権利を相続してそれを保険事故の発生に伴ってさらに相続することになります。

よって、保険契約者と受取人が夫婦である場合で夫婦間に子供がいなかった場合には、子供がいない場合にはじめて直系尊属及び兄弟が相続できることを定めている民法899条1項から、夫側、妻側に保険金が分かれていくことになります。

上記の例のように順を追って死亡した場合ならこのようになることでいいのですが、問題となるのが保険契約者と指定受取人の同時死亡の例です。

同時死亡の場合にはその死亡した両当事者間では相続は発生しませんので、指定受取人のその他の相続人(直系尊属や兄弟姉妹)しか相続が発生しないことになります。

すると、保険金は指定受取人側のその他の相続人にしかいかないことになります。

これはあまりにアンバランスではないかということで、保険実務では双方に保険金を支払う扱いをしているようなのですが、最高裁がこの扱いを否定、同時死亡した相続人(これは保険契約者です)の相続人は保険金の受取人にはならないことを判示しました。

最高裁判所第三小法廷平成21年06月02日判決 平成21(受)226 死亡給付金等請求,民訴法260条2項の申立て事件

最高裁の理由付けは要するに、同時死亡ならその間では相続は発生しないからということです。

保険会社側は、同時死亡の場合でも商法676条2項の適用に当たっては指定受取人が先に死亡したと扱うべきであると主張したのですが、最高裁はそのようにする理由がないとしています。

条文だけ見れば確かに最高裁の言うとおりですが、保険会社の主張の根拠は公平にあるのでしょう。よって実務に大きな変更を求めることになるこの判例の影響は大きいと思われます。

この判例の結論を具体的な帰結に即して言うと以下のようになります。

夫婦のうち夫が生命保険契約をして妻を受取人にした場合で、夫婦に子供がいない場合で、夫婦が同時死亡した場合には、夫の死亡によって発生する保険金はすべて妻の相続人にいくということです。

この同時死亡の例は裁判例で同旨の判断がこれまでにもでていました。よって初の最高裁判決であるという点に意義があるのですが、公平の観点などからは異論もあると思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)