逆風


目下、法科大学院には大変な逆風が吹いています。

表出している色々な現象に対して対策が、定員削減一辺倒になっていますが、果たして対策になるかは疑問の余地がかなりありますが、教育負担が尋常ではないので、大学の機能を取り戻すという意味では仕方ないことなのでしょう。

東大では法科大学院にあわせて法学部の定員も削減しているのですが、学部では大規模満員御礼授業をしているので、定数が減ったところで教育負担は減りません。もっぱら予算の問題なのでしょう。

皆が皆で法曹になろうとすると無理がありますが、企業人としても法科大学院で教えられていることくらいは身に着けておきたいものです。

私が実務的な観点から俯瞰できるのは労働法くらいに限られますが、東大の法科大学院の労働法関係の科目は大変よく練られており、はじめて学ぶ新卒の学生さんだと中々意義を完全に理解するのは大変ですが、よくよくきくと実務的な問題によく配慮されています。

ただ、どうしても学者か弁護士の立場からになりますので、企業内の労務管理の観点としは異なる点もあります。

法律はそもそもが教育のためのものではないので完全な教育プログラムというのは無理です。よって、完璧にならないのは当たり前なので、あまり無理を言っても仕方ないのですがね。

とにかく資格を得るということになると無理が生じてしまいますが、教育の内容としては中々良くできていると思います。

教える方は全く面白くなくて困っているようですが、当たり前のことをシステマティックに勉強する機会があるというのは非常にありがたいというのが率直な感想です。

これまでは自主的な努力でやってきたところをわざわざ教えないといけないとは中々面倒な時代になったものですが、人口減少社会なるのですし手厚くすることも仕方ないのでしょう。もっともこれまでの世代が自学自習でしっかり身に着けていたのかについては大いに疑ってかかる余地はあります。最近の若い者は的な言説は良くありますが、これまでの時代は幸福にも問題にならなかっただけという可能性は大いにありますよ。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)