アデランス、会社提案で承認された社外取締役が辞任


先日のアデランスの株主総会では会社提案の取締役候補でもユニゾンの関係者以外は承認されました。そのために会社提案の取締役とスティール提案の取締役が両方含まれる取締役が混在しています。

取締役の過半数をスティール提案の取締役で締めることになったので、完全に身動きが取れなくなることはあまりないと思われますが、逆に言うと十分な行動が取れないと思われる会社提案の取締役にとっては非常に難しい立場になります。

対立する立場でありながら善管注意義務などの取締役の義務を果たすにはどのように振舞えばいいのかは非常に難しいものがあるでしょう。

そのためか、十分な経営改革が遂行できないとして、会社提案の社外取締役が、選任から間もないですが、辞任したことが明らかになりました。

アデランスのリリース

またユニゾンの撤退も公表されています。

アデランスは完全に、スティールの下で事業の建て直しを図ることになりました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)