これがソフトロー


東大の神作教授がよく、ベストミックスということを仰っていたのですが、最近の会社法の世界では、立法が制定する法律以外のソフトローが次々と生み出されており、広義の会社法の規律を担っています。

レックスMBO事件の最高裁決定を当事者がスキャンしてアップしているという話を聞いたため、見てみたのですが、田原補足意見において見事にソフトローたる企業価値研究会のMBO報告書に言及されています。

これが会社法の現在のありようであることを端的に示している象徴的な意味を感じてしまいました。

最高裁が見ているということが分かってくるとやはり重みが違う感じがしてきます。

毎年のように国会で商法改正を大規模に行ってきた時代はついこの間でしたが、会社法としてオーバーホールをして、これからは立法としてはひとまずこれで一息ついてあとはソフトローで対処という感じが一層強まってきました。

現在の国会情勢と経済情勢では会社法改正などしようとすると不可解な方向に進みかねないのでより一層このソフトローに意味があるように思われますね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)