武器なき戦い


最近、メインで使っているプロバイダのメールアドレスに不可解なオンライン通販業者からの広告が入るようになり、戦いになっています。

広告が混ざるようになってアドレスを変えたくらいですので、全く無関係の業者から来るのは変だなあと思っていたのですが、ここ数日中の楽天に関するネット上に流れている情報を見て、もしかしてこれか?とか思ってしまいました。

どこから流出した可能性も高く、むしろそちらの方がありうるかもしれないので思い込んでしまうのは危険なことですが。

さて、その業者からのメールはものすごく手が込んでいてはっきり言ってスパムなのです。

ドメイン指定をして拒否しようとしたら、ドメインを変えてしまい潜り抜け、変更後のドメインを入れて、受け取ったことのあるドメインからしか受理しないようにカスペルスキーを設定してみたら、こともあろうに私の利用しているプロバイダーのドメインを偽装して送ってきて、カスペルスキーを潜り抜けました。

そこで、今度は本文に今までの宣伝メールに必ず含まれていた特定のフレーズが含まれていたら拒否するようにしてみました。これでもどこまでもつか自信がもてませんが。

ただのブランド品の販売業者らしいのですが、ここまで手段を駆使して送ってこようとするとは、その業者のウェブサイトにはむしろウイルスが仕込まれているのではないかと勘繰っているのですが、とにかく戦いは続いています。

セキュリティではかなりやりすぎの気のあるカスペルスキーすら回避してしまうので驚いています。カスペルスキーには当然ですがスパムの学習機能があり、その業者からのメールを毎回スパムだとして学習させているのですが、本文の内容は毎回同じにもかかわらず、ヘッダーを変えてくるとかドメインを偽装するとかして、許可されたメールアドレスからだとカスペルスキーが認識してしまうのです。これは由々しき自体ということで、あらゆる手段を動員して戦っています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)