あれだけ警戒されてきた鳥インフルエンザではなく、豚インフルエンザが起きて足元をすくわれるとは、人間の業の何たるかを感じざるを得ない気がします。諸行無常を感じます。

しかし準備してきたことは転用できるでしょうから、やるべきことをやるだけのはずなのですが、これだけ流動が激しくなっていますから徹底は難しいでしょうね。

国家間の足並みも揃わないでしょうし、その点でも難しそうです。

人命尊重よりも社会不安が起きることの方が重大だと思う国家がこの地球上にはいくつかありますので、不信の種は尽きないでしょうね。

以前、ノロウイルスが流行したときに、こちらが感染するのではないかというヒヤヒヤの仕事をしたことがありますが、今後のはもっと重篤ですから、あのときのような現場対応があってもごめんこうむりたいですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)