伝えたいことを伝える


オバマ大統領に対する好感がおさえられないせいか、NHKがやたらと好意的に報道しているのですが、もうオバマ大統領の経済政策が成果を出し始めたかのようなことを行っていました。

多分、まだまだ失業率は上がるでしょうし、アメリカ国民はどこまで我慢を出来るかが問われるでしょう。それくらい深刻なはずなのですが、なんだか期待が抑えられないせいか、もう底をうったみたいなことをいっていました。

日本にとっても大変な時期で、バブル期を経験した弁護士さんは皆、あのときよりひどくなるかもと仰っています。マスコミもネットの伸長のせいで危機にあるはずなのに、公共放送は違うのでしょうかね。感覚がややずれているようです。

ずれ方という点で共通しているのですが、この間の天皇陛下の特番で、象徴天皇という言葉をくどいくらい使っていて、何が言いたいのかいやでも分かりました。

ただ、番組中で陛下のインタビューを引用している中で、日本の皇室は諸外国の王室と異なり政治にかかわったことがほとんどないという特徴を有しているという内容が流されました。日本国憲法によって象徴になったと連呼しながら、一方でこのようなお言葉を流している矛盾に気づいているんですかね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)