そう単純にはいえない


この間、リクルート調べの就職人気ランキングが例年と激変したことはこのブログでも取り上げましたが、今日はそれを揶揄する記事が載っていました。

いわく学生は情報不足だとか短絡的だとか言われていました。

確かにそういう面もないではないでしょうが、このご時世、信頼できるものなどないのだったらせめて安定志向というのは至極自然な発想なのでしょう。

業績悪化だけではなく、派遣切りの問題も含めて製造業のイメージを下げる報道が続いたのもあるかもしれません。

よって単純に短絡的だと切り捨てることも出来ないと思いますが、それでも結局はマスコミが流した製造業たたき的な情報からの話なのでちょっと情報が不足で、その点はやはり短絡的かもしれません。

働いてみると本当に色々見えてきて、考え甘かったなとか色々気づけるのですが、日本では外部労働市場が活発ではないので、その後のふりが中々きかないのがネックです。

早めに安定した企業に入って、結婚、子育てと人生を安定軌道に乗せるのもいいのかもしれませんね。

晩婚化が叫ばれている昨今ですが、超安定している私の古巣では、皆、世間のトレンドとは異なり結婚が早かったです。これも人生が安定しているからこそ踏み切れるのか、それとも仕事が面白くないから、プライベートで充実を求めるしかないのか、どちらなのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)