日本航空インターナショナル、全日空をビジネスモデル特許侵害で提訴


激しい競争を繰り広げている日本の航空大手、日航と全日空ですが、特許侵害でも争いが勃発したことが明らかになりました。記事はこちら

日航側がインターネットを利用した企業向けの営業システムをビジネスモデル特許としており、全日空でも似たようなシステムが利用されていることから、特許侵害だということのようです。

ビジネスモデル特許はいわゆる「方法の発明」なので、特許侵害と認定するには若干難しい点があります。
その辺のうまく組み立てられる特許になっているかがポイントだと思います。

また、それ以前の問題として、情報システムは外注でつくったものでしょうから、請け負った会社とどのような契約を結んでいたかも鍵になりそうです。

他社の知的財産を侵害していないことの保証や万が一の際の損失補償などについてどのような定めをしているのかも、大事になってきます。損害賠償やライセンス料を得たとしても、開発元に求償されてしまうなら金銭的には攻撃した意味があまりないことになってしまいますから。

もっとも、騒ぎになることでブランド価値に対する攻撃にはなるでしょうから、その点では意味が十分あるといえるかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)