ええっ


報道によると、リクルートの調査にかかる人気就職先ランキングでは、出身会社が大躍進を遂げてしまっているようです。

この不景気ですので伸びるだろうとは思いましたが、あそこまでいくとは。

日経の調査だとそこまでは行きませんので、そちらの方がまあ妥当なところではないかと思われます。所詮人気に過ぎませんので、人材が集まって活気がある会社とかそういうことにはならないと思います。

しかし、そこまで行くとは今回の不景気の深刻さがしのばれます。

私が就職活動をしたときも景気はどん底でしたが、就職人気ランキングは日本を代表する製造業が上位に並んでいました。トヨタなどを除くと業績は苦しんでいたので、学生にあまり見る目がないことを端的に示していたのですが、今はもう大変なことになっているようです。

現在は軒並み赤字に陥っているからですかね。当時は赤字にはなっていませんでしたから。黒字赤字はかなり見せかけのものに過ぎないので、そこを重視することの当否はかなり疑わしいですが、世界は未曾有の構造不況に陥っていることだけは確かです。

さて人気があるのをいいことに人材確保ということで人事は頑張るでしょうか。多分、いつもどおりやるのではないかと思うんですよね。そして意外なことに大変な倍率で入社した年でもバブルでゆとりの就職活動だったとしでも新入社員は雰囲気に違いはありますけど、根本的なところは同じなんですよね。これはどういうことでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)